ねこんちゅ通信(ネコのわくわく自然教室)

necon.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:◇MFA応急処置キャンプ( 7 )

d0363878_14332206.png

子ども達でもここまで出来るんです!子ども向け応急処置トレーニングキャンプ。
先日開催した応急処置トレーニングキャンプの様子を動画でも紹介!
大人と同じカリキュラムを時間をかけてじっくり練習。MEDIC FirstAidの正式なカリキュラムに則り、1日で終わる内容を2日間かけて、たくさんの実習とともに学びました。新鮮な内容に、真剣な表情。ときどき戸惑ったり、わからなかったり。それでも子ども達のやる気に満ちた姿勢で、子ども達楽しい2日間になりました。
(2017.9.2-3開催)



▼詳しい様子はブログへ
http://necon.exblog.jp/i64/

(ゆうにー)

by neco-waku | 2017-09-08 14:36 | ◇MFA応急処置キャンプ | Comments(0)
d0363878_1842639.jpg

 週末に開催した子ども向け応急処置講習「MFAトレーニングキャンプ2017」、2日目の様子をお届けします。
 1日目は心停止が疑われる場合に遭遇したときに必要となるCPR(いわゆる心肺蘇生法)を練習しました。単にテクニックだけではなく、心停止の仕組みからのその原因の種類、それによる対処法なども学んでしっかりと理解を深めるのもこの講習の特徴。AEDの使い方も成人、小児と対象を変えながら1人何回も練習にチャレンジ。やはり、見ただけや1回だけではなく、慣れるまで何度も練習するのが大切です。

 2日目は、出血や失血によるショック、打撲や骨折、ヤケド、アナフィラキシーなど、いろいろなケガや体調不良に関してのファーストエイドを中心に講習を受けました。実際にケガの状態に合わせてガーゼをあてて直接圧迫止血をしたり、止血帯にチャレンジしたり、包帯を巻いたり。外出血だけではなく、失血などによるショックの状態かどうかを確認したり、自分の安全を守りながら、救急車や必要な助けを呼ぶ練習をしたりと内容は多岐。
 座学による講習と実技を交えながら、2日目もガッツリトレーニングです。それでも子ども達の集中力はなかなかのもの。教材も大人と同じ物を使っているので、子ども達には難しい言い回しがあったりと、一度聞いただけでは理解しきれない内容も多くあります。でも、その度に聞き直したり、自分でメモをまとめたり。そして実際にやってみたり。子ども達の意欲的な姿には感動します。

 最後の時間は、筆記試験と実技試験。しっかりとトレーニングをしたその成果を見るために、大人が受けるのと同じものに挑戦です。胸部圧迫の速さや深さ、AEDを使うタイミング、喉詰まりを起こしている人への適切な対処、などなど、かなり難しい内容。しかし、なんと!みんな合格点以上をとることができました。

 そして、テストは実技試験に移ります。2日間習ったテクニックを思い出しながら、それぞれ事故現場が用意されます。習ったことの10分の10ができなくてもいいんです。10習ったうちの6でも、7でもできる子になってくれれば、いざという場面できっと役立つ存在になります。そうした思いで最後のシナリオテストに挑んでもらったら、みんな6どころか、7、8まで十分にできていました。

 しっかりと2日間の講習を習得することができた今回のメンバー。最後は認定カード、そしていつもカバンにつけて置けるレスキュー呼吸用のマスク、感染予防の手袋をプレゼント。今日から、どこにいてもきっと誰かの役に立つ頼もしい存在になってくれるはずです。(もちろん、こうした知識やテクニックは使わないと忘れていくもの。受講認定ん期限は2年間ですが、ぜひその間にもまた復習に来てくださいね。)

 2日間、本当に頑張りました!次の挑戦者を待っています。

(ゆうにー)
d0363878_1834648.jpg

d0363878_1834828.jpg

d0363878_1834969.jpg

d0363878_1835058.jpg

d0363878_1835046.jpg

d0363878_1835155.jpg

d0363878_1835246.jpg

d0363878_1835326.jpg

d0363878_183536.jpg

d0363878_1835483.jpg

d0363878_1835552.jpg

d0363878_1835618.jpg

d0363878_1835762.jpg

d0363878_1824590.jpg

d0363878_1824670.jpg

d0363878_1824773.jpg

d0363878_1824831.jpg

d0363878_1824920.jpg

d0363878_1824959.jpg

d0363878_1825074.jpg

d0363878_182515.jpg

d0363878_1825293.jpg

d0363878_1825275.jpg

d0363878_1825318.jpg

d0363878_1825471.jpg

d0363878_1825598.jpg

d0363878_1825685.jpg

d0363878_17595321.jpg

d0363878_17595450.jpg

d0363878_17595559.jpg

d0363878_1759559.jpg

d0363878_17595680.jpg

d0363878_17595771.jpg

d0363878_17595861.jpg

d0363878_17595985.jpg

d0363878_180060.jpg

d0363878_180193.jpg

d0363878_180135.jpg

d0363878_180226.jpg

d0363878_180314.jpg

d0363878_17594413.jpg

d0363878_17594517.jpg

d0363878_17594614.jpg

d0363878_17594645.jpg

d0363878_17594797.jpg

d0363878_17594888.jpg

d0363878_17594997.jpg

d0363878_17595015.jpg

d0363878_17595147.jpg

d0363878_17595267.jpg

d0363878_17595311.jpg

d0363878_17595319.jpg

d0363878_17595482.jpg

d0363878_17595557.jpg

d0363878_17595654.jpg

by neco-waku | 2017-09-05 20:29 | ◇MFA応急処置キャンプ | Comments(0)
d0363878_22455196.jpg

 今年もやって来ました「MFA応急処置トレーニングキャンプ」。子ども達が本格的な応急処置のスキルを学べるトレーニングキャンプ。このプログラム、ネコのわくわく自然教室のキャンプの中では異色の内容で、2日間かけて子ども達が、様々な応急処置の訓練を受け、大人と同じ資格取得も目指すというチャレンジものです。毎年この時期に開催して、今年で3年目。小学校5年生以上のやる気のあるメンバーしか参加できませんが、今回も小学5年生から中学1年生までがチャレンジしてくれました。

 内容はかなり本格的なもの。MFA(MEDIC FirstAid)という国際的な応急処置のトレーニングプログラムに則り、単なる心肺蘇生だけではなく、出血やアレルギーといったものへの応急処置、乳児や同年代の子どもに対してケアできるスキルまでトレーニングを行います。今日と明日の2日間、座学と実習を通して、大人と同じ正式な資格取得を目指しています。今年は応急処置の教材がリニューアルされ、新しい応急処置ガイドラインに沿った内容での開催となりました。

 今日はその1日目として、心肺蘇生法であるCPRとAEDに関する知識とテクニックについて、ビデオ教材と解説、そして実習を交えて、時間をかけてトレーニングをしていきました。単にテクニックを覚えるだけではなく、心停止から心室細動に至るの仕組み、CPRと蘇生率との関係、AEDの仕組みなどの理論も学んでいきます。細かくメモを取ったり、付箋でポイントをまとめたり。ネコのわくわく自然教室では大人の講習も行いますが、こうしたところは小中学生の方が得意分野!

 もちろん心肺蘇生法だけではなく、応急処置の基本となる「自分自身の安全を守ること」をしっかり身につけます。感染予防のスキルと、救助時の自分自身の安全確保の流れなど、大人顔負けの応急処置プロバイダーになるための勉強にチャレンジしました。

 ビデオやテキストも大人向けに作られているものなので、用語など初めて接する内容、難しい言い回しに、戸惑う顔も見せていましたが、今回も1泊2日の日程と、大人の講習の2、3倍の時間をかけて行うメリットを活かし、ゆっくりと、ひとつずつ頭に入れていきます。休憩や食事、遊びを挟んで、なんと朝10時から夜の20時まで、子ども達の集中力はすごい!

 はじめは緊張気味のメンバーもいましたが、意外と楽しいCPRなどの実技練習や休憩中の遊びなどを交えて、夕食時にはもうすっかり楽しい表情に。夕食後にはCPRの歌に合わせて自分たちで胸部圧迫の練習をしているメンバーも!ここは、子ども達が大人と同じ内容を理解するための講習。時間をかけて、楽しみも入れて、わかりやすく練習ができるような工夫もたくさん入っています。

 今日のメインは心停止にまつわる応急処置。ということで今日のまとめには、昨年から話題の「心止村湯けむり事件簿」という心肺蘇生法をおもしろいドラマ仕立てのスマホゲームをみんなでプレイ!CPRやAEDについて学んだ後だからこそ楽しい時間になりました。

▼心止村湯けむり事件簿〜AEDサスペンスドラマゲーム〜
日本循環器学会がまじめに作った心肺蘇生を学べるスマホやPCで楽しめるゲームです。リアルなドラマ仕立てになっていて、心肺蘇生を学んだ人だとより面白い内容です。WEBで誰でも見られるので、ゆうにーおすすめです!
http://aed-project.jp/suspence-drama/

 明日は、様々な怪我やアレルギー、危険生物などに関しての応急処置を学びます。明日を楽しみに、おやすみなさーい!最後は恒例のマネキンホラー写真で(笑)

▼MFAとは?
 MFA講習とは、MEDIC FirstAid(メディックファーストエイド)という国際組織が認定する応急処置の講習プログラムです。米国OSHA基準という国際的な応急処置のガイドラインに沿った内容が学べる国内では有数の応急処置講習で、単なる心肺蘇生だけではなく、予防法や救助者の安全管理、メンタルケア、そして様々な怪我の応急処置、さらには乳幼児を対象とした応急処置方法など、多岐にわたるスキルを身につけることができるものです。
 いくつかのコースがありますが、ネコスタッフが受けているのは「チャイルドケアプラス」と呼ばれる乳幼児から成人までを対象とした応急処置プログラムです。ネコの活動中で遭遇する様々な事故への対応を、乳児や幼児の特性を踏まえながら学んでいくものです。こうした資格制度は更新、定期的な復習が必要なためネコのわくわく自然教室ではスタッフに年に1回の受講をするようにしています。

 このMFA講習、ネコのわくわく自然教室では丸谷(ゆうにー)が講習を実施できるインストラクター資格を持っており、今回の講習も指導しています。また、ネコのわくわく自然教室事務所は、MFAから「MFAトレーニングセンター(応急処置講習会の開催所)」としての認定を受けています。また、CPRの訓練に必要なマネキンなどのトレーニング機材を所有しており、正式なトレーニングカリキュラムに沿って行い、受講者は国際登録資格を取得することができます。


▼MFA-Japanホームページ
http://aed-project.jp/suspence-drama/

(ゆうにー)
d0363878_22472912.jpg

d0363878_22473044.jpg

d0363878_22473112.jpg

d0363878_22473250.jpg

d0363878_22473383.jpg

d0363878_22473485.jpg

d0363878_22473647.jpg

d0363878_2248866.jpg

d0363878_2248966.jpg

d0363878_22481041.jpg

d0363878_2248103.jpg

d0363878_22481167.jpg

d0363878_22481276.jpg

d0363878_22481324.jpg

d0363878_22481461.jpg

d0363878_2248158.jpg

d0363878_22481634.jpg

d0363878_22481730.jpg

d0363878_22481830.jpg

d0363878_2352454.jpg

d0363878_2352514.jpg

d0363878_2352613.jpg

d0363878_2352698.jpg

d0363878_235273.jpg

d0363878_2352852.jpg

d0363878_2352935.jpg

d0363878_2353059.jpg

d0363878_2353121.jpg

d0363878_2353250.jpg

d0363878_2353227.jpg

d0363878_235331.jpg

d0363878_2353477.jpg

d0363878_2353511.jpg

d0363878_235351.jpg

d0363878_2245398.jpg

d0363878_2245417.jpg

d0363878_2245595.jpg

d0363878_2245614.jpg

d0363878_2245735.jpg

d0363878_2245840.jpg

d0363878_2245986.jpg

d0363878_2245977.jpg

d0363878_2245108.jpg

d0363878_2245113.jpg

d0363878_2245129.jpg

d0363878_22451346.jpg

d0363878_2245149.jpg

by neco-waku | 2017-09-02 23:30 | ◇MFA応急処置キャンプ | Comments(0)
d0363878_18545210.jpg

 この週末に開催した子ども向け応急処置講習「MFAトレーニングキャンプ」、2日目の様子をお届けします。1日目は心停止が疑われる場合に遭遇したときに必要となるCPR(いわゆる心肺蘇生法)を練習しました。単にテクニックだけではなく、心停止の仕組みからのその原因の種類、それによる対処法なども学んでしっかりと理解を深めるのもこの講習の特徴。AEDの使い方も成人、小児と対象を変えながら1人何回も練習にチャレンジ。やはり、見ただけや1回だけではなく、慣れるまで何度も練習するのが大切ですね。

 そして、2日目のこの日は、出血や失血によるショック、打撲や骨折、ヤケド、アナフィラキシーなど、いろいろなケガや体調不良に関してのファーストエイドを中心に講習を受けました。実際に包帯を巻いたり、ショックの状態かどうかを確認したり、救急車や必要な助けを呼ぶ練習をしたり、座学による講習と実技を交えながら、2日目もガッツリトレーニング。それでも子ども達の集中力はなかなかのもの。難しい医学的な言い回しや実際には見たことのないような怪我の話を聞きながら、手先を動かすことではじめての応急処置にチャレンジできていました!

 最後の時間は、筆記試験と実技試験。しっかりとトレーニングをしたその成果を見るために、大人が受けるのと同じものに挑戦です。胸部圧迫の速さや深さ、AEDを使うタイミング、喉詰まりを起こしている人への適切な対処、などなど、かなり難しい内容。しかし、なんと!みんな合格点以上をとることができました。中には全問正解をする子も!(さすがミド!)

 そして、テストは実技試験に移ります。2日間習ったテクニックを思い出しながら、それぞれ事故現場が用意されます。例えばこんなシナリオ、、、「雨の日の公園で、幼稚園生くらいの子がタイルで滑って腕を激しくぶつけながら転んだ場面に遭遇。さぁ、どうする??」なんて状況です。適切に自分自身の安全を確保しながら、感染予防もしつつ、その子の状態をチェック。さらには適切に固定や止血をしつつ、救助を呼ぶ。
 習ったことの10分の10ができなくてもいいんです。10習ったうちの6でも、7でもできる子になってくれれば、いざという場面できっと役立つ存在になります。そうした思いで最後のシナリオテストに挑んでもらったら、みんな6どころか、7、8まで十分にできていました。すごい!

 しっかりと2日間の講習を習得することができた今回のメンバー。最後は認定カード、そしていつもカバンにつけて置けるレスキュー呼吸用のマスク、感染予防の手袋をプレゼント。今日から、どこにいてもきっと誰かの役に立つ頼もしい存在になってくれるはずです。(もちろん、こうした知識やテクニックは使わないと忘れていくもの。受講認定ん期限は2年間ですが、ぜひその間にもまた復習に来てくださいね。)

 2日間、本当に頑張りました!次の挑戦者を待っています。

(ゆうにー)

▼1日目の様子から見る▼


d0363878_18545297.jpg

d0363878_18545364.jpg

d0363878_18545378.jpg

d0363878_18545373.jpg

d0363878_18545414.jpg

d0363878_18545482.jpg

d0363878_18545553.jpg

d0363878_18545506.jpg

d0363878_18545525.jpg

d0363878_18545629.jpg

d0363878_18545681.jpg

d0363878_18545792.jpg

d0363878_18545729.jpg

d0363878_18545896.jpg

d0363878_18545813.jpg

d0363878_18545817.jpg

d0363878_18545948.jpg

d0363878_18545915.jpg

d0363878_18550060.jpg

by neco-waku | 2016-09-27 15:05 | ◇MFA応急処置キャンプ | Comments(2)
d0363878_18550050.jpg

 さぁ、今年も「MFA応急処置トレーニングキャンプ」がはじまりました!このプログラム、ネコのわくわく自然教室のキャンプの中では異色の内容で、2日間かけて子ども達が、様々な応急処置の訓練を受け、資格取得も目指すというチャレンジものです。小学校5年生以上のやる気のあるメンバーしか参加できません。今回は小学5年生から中学2年生までの元気な子ども達がチャレンジしてくれました。

 内容はかなり本格的なもの。MFA(MEDIC FirstAid)という国際的な応急処置のトレーニングプログラムに則り、単なる心肺蘇生だけではなく、出血やアレルギーといったものへの応急処置、乳児や同年代の子どもに対してケアできるスキルまでトレーニングを行いました。2日間の講習を通して、大人と同じ正式な資格取得を目指しています。

 今日は1日目として、心肺蘇生法であるCPRとAEDに関する知識と操作について、ビデオ教材と解説、そして実習を交えて、時間をかけてトレーニングをしていきました。単にテクニックを覚えるだけではなく、心停止の仕組みから、蘇生との関係、AEDの仕組みなどの理論を学んでいきます。細かくメモを取ったり、なかなかみんな意欲的。

 そして、応急処置の基本となる「自分自身の安全を守ること」をしっかりと反復練習。感染予防のスキルと、救助時の自分自身の安全確保の流れなど、大人顔負けの応急処置プロバイダーになるための勉強にチャレンジしました。

 言葉など初めて接する内容に、戸惑う顔も見せていましたが、1泊2日と大人の講習の2、3倍の時間をかけて行うメリットを活かし、ゆっくりと、ひとつずつ頭に入れていきます。休憩や食事、遊びを挟んで、なんと朝10時から夜の21時まで、子ども達の集中力はさすがです!

 はじめは緊張気味のメンバーもいましたが、意外と楽しいCPRなどの実技練習や休憩中の遊びなどを交えて、夕食時にはもうすっかり楽しい表情に。時間があると、自分でCPR用のマネキンをだして、胸部圧迫の練習をしている子も(^ ^)

 初日には心停止にまつわる基本的な応急処置テクニックを学んで締めくくりました。明日は、様々な怪我やアレルギー、危険生物などに関しての応急処置を学びます。明日を楽しみに、おやすみなさーい!

▼MFAとは?
 MFA講習とは、MEDIC FirstAid(メディックファーストエイド)という国際組織が認定する応急処置の講習プログラムです。米国OSHA基準という国際的な応急処置のガイドラインに沿った内容が学べる国内では有数の応急処置講習で、単なる心肺蘇生だけではなく、予防法や救助者の安全管理、メンタルケア、そして様々な怪我の応急処置、さらには乳幼児を対象とした応急処置方法など、多岐にわたるスキルを身につけることができるものです。
 いくつかのコースがありますが、ネコスタッフが受けているのは「チャイルドケアプラス」と呼ばれる乳幼児から成人までを対象とした応急処置プログラムです。ネコの活動中で遭遇する様々な事故への対応を、乳児や幼児の特性を踏まえながら学んでいくものです。こうした資格制度は更新、定期的な復習が必要なためネコのわくわく自然教室ではスタッフに年に1回の受講をするようにしています。

 このMFA講習、ネコのわくわく自然教室では丸谷(ゆうにー)が講習を実施できるインストラクター資格を持っており、今回の講習も指導しています。また、ネコのわくわく自然教室事務所は、MFAから「MFAトレーニングセンター(応急処置講習会の開催所)」としての認定を受けています。また、CPRの訓練に必要なマネキンなどのトレーニング機材を所有しており、正式なトレーニングカリキュラムに沿って行い、受講者は国際登録資格を取得することができます。

▼MFA-Japanホームページ

▼2日目の様子を見る


(ゆうにー)


d0363878_18550170.jpg

d0363878_18550193.jpg

d0363878_18550246.jpg

d0363878_18550225.jpg

d0363878_18550317.jpg

d0363878_18550324.jpg

d0363878_18550413.jpg

d0363878_18550412.jpg

d0363878_18550594.jpg

d0363878_18550593.jpg

d0363878_18550639.jpg

d0363878_18550693.jpg

d0363878_18550662.jpg

d0363878_18550725.jpg

d0363878_18550748.jpg

d0363878_18550861.jpg

d0363878_18550862.jpg

d0363878_18550956.jpg

d0363878_18550953.jpg

d0363878_18551045.jpg

d0363878_18551030.jpg

d0363878_18551048.jpg

d0363878_18551160.jpg

d0363878_18551176.jpg

d0363878_18551173.jpg

d0363878_18551286.jpg

d0363878_18551296.jpg

d0363878_18551315.jpg

d0363878_18551355.jpg

d0363878_18551484.jpg

d0363878_18551432.jpg

d0363878_18551506.jpg

d0363878_18551539.jpg

d0363878_18551645.jpg

d0363878_18551649.jpg

d0363878_18551712.jpg

d0363878_18551791.jpg

d0363878_18551767.jpg

d0363878_18551834.jpg

by neco-waku | 2016-09-24 23:30 | ◇MFA応急処置キャンプ | Comments(0)
d0363878_20030646.jpg

 子ども向け応急処置トレーニングキャンプの2日目。みごと、まる二日間に渡る大人顔負けの講習を乗り切り、最後は実技のシナリオ試験もクリアして、全員MFAプロバイダーとしての認定カードを得ることができました!頑張った8名に拍手!!小学生、中学生でMFAのプログラムを受講するメンバーは少ないので、みんな本当にえらい!

「MFA応急処置トレーニングキャンプ」
2015年11月28日(土)~29日(日)
会場:ネコ事務所(中城村)
対象:小学5年生~中学3年生

~2日目~


 キャンプ2日目、昨日に引き続き「Medic FirstAid(メディックファーストエイド)」の講習プログラムへのチャレンジを行いました。昨日はCPRやAEDといった心肺停止にまつわる理論とテクニックを丸一日かけて練習しました。今日は、怪我や体調不良、アレルギーなどへの応急処置についてのトレーニングです。

 出血時の対応、打撲や骨折への処置にはじまり、しっかりと理論を勉強するとともに、直接圧迫止血や移動時の固定方法など、子どもでもでき、学校生活や家庭でも活かせるファーストエイド方法を実技でもトレーニングしました。小中学生と言えども、ネコのわくわく自然教室でのさまざまなアウトドアプログラムを経験してきたメンバー。今回は通常オプションとなる様々なテクニックも教わりました。喘息や失血時のショック状態への理解、アレルギー反応、アナフィラキシーへの知識、危険な毒ヘビや蜂にやられたときの対処まで盛りだくさん。もちろん、ネコスタッフが習っている内容よりは少ない項目と深さですが、それでも子ども達にとっては、どれもが初めて触れる知識や対応です。

 そして最後は、2日間習ったテクニックを使って、2人組のペアで、様々な怪我や心停止の状況を想定したシナリオ試験に挑戦!公園で人が倒れている!教室でアレルギー反応の子が出た!出血している子がいるけど近くに先生がいない!滑って頭を打った子がいた!など、リアルな緊急事態にどう対応できるか、ペアで協力しながら挑戦しました。
 結果は、すばらしい!みんな、しっかりと救急車を呼んだり、自分の安全を確保したり、止血や脊椎の保護、AEDの使用など、悩みながらもこの二日間の勉強が確実に身についている様でした。

 もちろん、テクニックは時間とともにわすれていくもの。今回習った内容を定期的に思い出す機会を作るとともに、ここで大切なのは、子どもでも緊急時に気づくことができ、助けようとする気持ちを持てること。そして、その時できることをしながら、助けを呼ぶことができる!細かいことよりも、この姿勢が大切です。(≧∇≦)

 最後に、ランドセルにつけられるレスキュー呼吸用のマスクと、小さな袋に入れたバリア用の手袋をプレゼント。明日からどこにいても、誰かを助けることができる頼もしい存在になってくれるはずです!

 2日間、本当にお疲れ様でした!

~1日目の様子を見る~

(ゆうにー)

▼MFAとは?
http://blog-necowaku.at.webry.info/201511/article_75.html


d0363878_20030760.jpg

d0363878_20030799.jpg

d0363878_20030712.jpg

d0363878_20030787.jpg

d0363878_20030813.jpg

d0363878_20030844.jpg

d0363878_20030820.jpg

d0363878_20030872.jpg

d0363878_20030985.jpg

d0363878_20030977.jpg

d0363878_20030979.jpg

d0363878_20031074.jpg

d0363878_20031078.jpg

d0363878_20031053.jpg

d0363878_20031026.jpg

d0363878_20031110.jpg

d0363878_20031180.jpg

d0363878_20031175.jpg

d0363878_20031247.jpg

by neco-waku | 2015-11-29 20:44 | ◇MFA応急処置キャンプ | Comments(0)
d0363878_20031213.jpg
今週末は、初めての企画「MFA応急処置トレーニングキャンプ」を開催しています。これは子ども向けの応急処置講習を習う1泊2日のスペシャルキャンプで、ネコのわくわく自然教室の拠点であるネコ事務所を会場に、この土日で開催しているものです。新鮮な内容、そして意義ある内容に触れるときの子ども達の生き生きとした表情!素敵です!11時間の講習を乗り越えた子ども達の集中力!1日目の様子を早速、お届けします!

「MFA応急処置トレーニングキャンプ」
2015年11月28日(土)~29日(日)
会場:ネコ事務所(中城村)
対象:小学5年生~中学3年生

~1日目~


 このキャンプは、本格的な応急処置のトレーニングを行うもので、ネコのわくわく自然教室では初めて小学5年生から参加できる子ども向けに講習として開催しました。今回は小学5年生から中学3年生まで、8名のメンバーが受講してくれています。

 内容はかなり本格的なもの。MFA(MedicFirstAid)という国際的な応急処置のトレーニングプログラムに則り、単なる心肺蘇生だけではなく、出血やアレルギーといったものへの応急処置、乳児や同年代の子どもに対してケアできるスキルまでトレーニングを行いました。2日間の講習を通して、なんと大人と同じ正式な資格取得を目指しています。

 今日は1日目として、心肺蘇生法であるCPRとAEDに関する知識と操作について、ビデオ教材と解説、そして実習を交えて、時間をかけてトレーニングをしていきました。単にテクニックを覚えるだけではなく、心室細動の仕組みから、蘇生率との関係、AEDの普及などの理論を学び、さらには、感染予防のスキルと、救助時の自分自身の安全確保の流れなど、大人顔負けの応急処置プロバイダーになるための勉強にチャレンジしました。

 言葉など初めて接する内容に、戸惑う顔も見せていましたが、1泊2日と大人の講習の2、3倍の時間をかけて行うメリットを活かし、ゆっくりと、ひとつずつ頭に入れていきます。休憩や食事、遊びを挟んで、なんと朝10時から夜の21時まで、子ども達の集中力にはびっくり!表面的なテクニックだけではなく、しっかりとプロバイダー(手当のスキルをもった人)としての意識、そして理論を身につけていっているようです。
 新鮮な内容、そして意義ある内容に触れるときの子ども達の生き生きとした表情!素敵です!

 ここは子ども達のやる気と集中力を引き出す自然教室。単に講習を行うだけではなく、途中で体を動かすブレイクを入れたり、みんなで仲良くなるゲームをしたり、いろんな工夫もしていますが、今回のメンバーの経験値の豊富さも集中力につながっているはずです。どのメンバーも10日間の無人島キャンプや、1週間の山歩きキャンプ、1年間のネコクラブなど、野外体験のプログラムへのチャレンジ経験が豊富。日頃からスタッフが気をつけている安全面の大切さ、怪我への身近な感覚も強い様です。
 休憩時間には、置いてあるCPR用のマネキンで、滝壺などシチュエーションを自分たちで喋りながら、自主的に胸部圧迫やレスキュー呼吸の練習が始まった時は、とっても嬉しかったです(≧∇≦)

 さぁ、明日は、怪我やアレルギー、体調不良に関しての応急処置を学びます。明日を楽しみに、おやすみなさーい。


▼MFAとは?
MFA講習とは、Medic FirstAid(メディックファーストエイド)という国際組織が認定する応急処置の講習プログラムです。米国OSHA基準という国際的な応急処置のガイドラインに沿った内容が学べる国内では有数の応急処置講習で、単なる心肺蘇生だけではなく、予防法や救助者の安全管理、メンタルケア、そして様々な怪我の応急処置、さらには乳幼児を対象とした応急処置方法など、多岐にわたるスキルを身につけることができるものです。いくつかのコースがありますが、ネコスタッフが受けているのは「チャイルドケアプラス」と呼ばれる乳幼児から成人までを対象とした応急処置プログラムです。ネコの活動中で遭遇する様々な事故への対応を、乳児や幼児の特性を踏まえながら学んでいくものです。こうした資格制度は更新、定期的な復習が必要なためネコのわくわく自然教室ではスタッフに年に1回の受講をするようにしています。

 このMFA講習、ネコのわくわく自然教室では丸谷(ゆうにー)が講習を実施できるインストラクター資格を持っており、今回の講習も指導しています。また、ネコのわくわく自然教室事務所は、MFAから「MFAトレーニングセンター(応急処置講習会の開催所)」としての認定を受けています。また、CPRの訓練に必要なマネキンなどのトレーニング機材を所有しており、正式なトレーニングカリキュラムに沿って行い、受講者は国際登録資格を取得することができます。


(MFA-Japanホームページ)
http://www.mfa-japan.com/

~2日目の様子~
http://blog-necowaku.at.webry.info/201511/article_77.html

(ゆうにー)


d0363878_20031329.jpg

d0363878_20031377.jpg

d0363878_20031360.jpg

d0363878_20031333.jpg

d0363878_20031460.jpg

d0363878_20031408.jpg

d0363878_20031574.jpg

d0363878_20031521.jpg

d0363878_20031549.jpg

d0363878_20031665.jpg

d0363878_20031697.jpg

d0363878_20031697.jpg

d0363878_20031732.jpg

d0363878_20031735.jpg

d0363878_20031719.jpg

d0363878_20031743.jpg

d0363878_20031888.jpg

d0363878_20031816.jpg

d0363878_20031804.jpg

d0363878_20031949.jpg

d0363878_20031998.jpg

d0363878_20031910.jpg

d0363878_20032098.jpg

d0363878_20032071.jpg

d0363878_20032005.jpg

d0363878_20032149.jpg

d0363878_20032144.jpg

d0363878_20032173.jpg

d0363878_20032207.jpg

by neco-waku | 2015-11-28 23:29 | ◇MFA応急処置キャンプ | Comments(0)

沖縄の親子のための自然学校「ネコのわくわく自然教室」の公式ブログ「ねこんちゅ通信」です。2017年7月に旧ブログから引っ越しました。キャンプや森のようちえんなどプログラムのポート、スタッフの活動記録、新しいスケジュールやお知らせなど、タイムリーな情報を掲載するのがこのブログです。参加メンバーからのコメントもお待ちしています!▼詳しくはプロフィールから▼


by ネコのわくわく自然教室